【新型コロナ】新型コロナウイルスの職場への影響と職場の対応アンケート1【非正規社員】

現在、新型コロナウイルスが世間を騒がせているということで、

「自身が働いている職場への影響と職場の対応」について、アンケートを取ってみました。

今回は非正規社員で働いている方からのアンケート結果をまとめたものになります。

聞いてみたポイント

・地域
・職業
・仕事への影響
・職場の対応
・職場の対応について、あなたの所感、同僚の反応
・あなたの生活への影響

主にこれらの点について聞いてみました。

体験談

運送業:職場出勤 (女性・20代)
埼玉で運送業の荷物の仕分けをしています。
仕事柄不特定多数の人達と関わる為、職場としては、強い危機感を持っています。
しかし、独り身の人などは、買い遅れてしまいマスクを着用してない人達も多く、正直不安です。
買いたくてもちまたでは、マスクがありません。
今の所仕事に大きな影響が出ている訳では、ありませんが、
例年に比べ人の動きが少ない分荷物の動きも少なく若干仕事が減ってる感は、あります。
今の所会社では、コロナが出ていない為、出た時の対応等は、分かりません。
しかし、間違いなく営業所が閉鎖されると思いますが、
正社員も私達非正規に限らず歩合が大きい為、休みになれば基本給は、
保証されても歩合が入らない分安くなると皆不安がっています。
事前に対応を述べて貰いたいです。
医療機関:職場出勤 (女性・30代)
パート勤務として、医療機関で働いています。
私の働いている医療機関では新型コロナウイルスの患者さんや、
その疑いのある患者さんはまだいません。
海外旅行から帰国された患者さんで、検査してほしいと言われた方はいらっしゃいましたが、
発熱や咳などの症状がまったくなかったので、検査の対象ではないと思われることや、
その時は検査は自費だったので、高額になると思われることを医師が説明していました。
多分違うと思うのですが、ちょっと怖かったです。
職場自体は、今のところ特に問題はなくいつもと変わらず、の状態です。
ただマスクや消毒液がだんだんと少なくにってきていて、
その点はみんなとても不安に感じています。
医療機関に優先的に供給してほしいと思っています。
職種?:職場出勤 (女性・50代)
私の職場ではマスクをつけるように言っています。
そして毎朝、検温をするように言われています。
高熱があるようであれば、休むように言われています。
コロナの感染をしないように対応したり、アルコール除菌するように言われています。
そして、手洗いなどはまめにしろと言われています。
小学生くらいの子供かいる人は、休みに入っているので、
ついていなければならないのであれば早退もやむを得ないと言われて言っています。
そのお陰で稼げないと愚痴ります。
そして休まれると進むはずのしごともはかどらなく成ってしまいます。
子供たちも外に出られない苦しさがあると言っていました。
早く終息して欲しいとおもいます。働けないと生活も困ってしまいます。
百貨店:職場出勤 (女性・30代)
アルバイトで百貨店で販売の仕事をしています。
かなりお客様の数は減っており売上も激減しています。
感染予防の対策としては、会社からマスクが支給されました。
通じはマスク着用での接客は認められていないのですが、
今回は特例で認められています。
3月に入ってからは少し営業時間が短縮されました。
しかし、販売員はテレワークはまず無理な仕事なので、
お休みを取る事は許されないので不安はあります。
外国人のお客様は前から多くて爆買いが多いので前は歓迎ムードでしたが、
さすがに今はみんな警戒心があるようで、
特に中国人のお客様が来るとみんなあまり接客に行きたがらない気がします。
あとはトイレなどで念入りに手を洗う人が増えて、手洗い場はいつも並んでいます。
コンサルタント会社:在宅勤務 (女性・30代)
神奈川県でコンサルタント会社のアシスタント事務をしています。
今回のコロナ騒動では会社の業務には大きな支障は来しておりません。
しかし、オフィスがみなとみらいのため、
通勤する際にはかなり注意をするようにしていました。
小学校の休校がはじまり、不要不急の外出を避けるように言われたタイミングで、
在宅勤務か通常勤務か選択する様に会社から派遣会社経由で連絡がきました。
小学生の子どもがいる同僚がおおかったので、皆で在宅勤務を選び自宅で仕事をしています。
インターネットを繋げば会社のメールも見ることができるし、
コミュニケーションツールとしてSkypeを使うことで特に支障なく業務を進めることができています。
子どもだけおいて仕事に通うのは不安だったので、今回在宅勤務を推奨してくれた会社に感謝しています。
学習塾:職場出勤 (女性・30代)
兵庫県の学習塾で仕事をしています。
コロナウイルスの影響で小学校、中学校が休校のため教室での学習は中止しています。
生徒には在宅学習を行ってもらっています。
原則として生徒の保護者の方に宿題を持ってきていただき、
新しい宿題をお渡しするという宿題交換のみを行っている状況です。
普段であれば、生徒の指導や採点で約7時間の勤務体制ですが、
今は採点と新しい宿題の準備だけなので、
勤務時間はおおよそ5時間程度に減ってしまっており収入が減るので困っています。
また、生徒たちも自宅での学習だけではモチベーションが下がってしまっていると、
保護者の方から報告がありなかなか学習が進まないようです。
生徒のモチベーションを上げるために生徒一人一人に手書きの手紙を書いて心のケアを図っています。
工場関係:職場出勤 (女性・40代)
福岡県のパート事務員です。
私の職場は、工事関係の会社なので、対人物ではなく、
対物の仕事で屋外での作業が殆どです。
密室での作業がないので、コロナが流行りだした今でも仕事量に特に影響はなく、
日々の仕事をこなしていっております。
ただ、やはりどこで感染するか分からない為、
事務所に戻ってきた際のうがい?手洗いだけは、
従業員全員が自主的に念入りにし始めました。
それは今もなお継続出来ています。
福岡県では、まだ感染者の急増が見られず、他県ほどの世間的空気感はまだありませんが、
いつ増えてくるかも分かりません。
トイレットペーパーは、相変わらず軒並み空っぽの店舗ばかりですし、
マスクをしている方は、日毎増しています。
勿論、マスクも店舗に並ぶことはありません。
コロナのことで、仕事に影響が出ているところが殆どであることは、
感染者が低いといえど福岡県も他県となんら変わりはなく、
一日でも早く終息してくれることを切に願う毎日です。
うがいや手洗いを徹底し、事務所内では、換気を良くすること。
一人一人が出来ることをしていくしかないと日々の業務をこなしていっている状況です。
ラブホテル:職場出勤 (男性・20代)
北海道のすすきのでラブホテルの清掃やベッドメイクを行っています。
コロナの影響によってお客さんの利用者数は全体的に減少しています。
特に利用者数の減少の割合が多いのが土曜、日曜、月曜です。
お客様が部屋を利用することで成り立つ職業なので、
本来だと8時間勤務の予定だったとしてもあまりに当日の利用者数が少なくて、
空室が多い状況だと6時間で早上がりになる場合があります。
職場の対応としてはシーツやリネンやピローカバーやお客様が使用したスキンや、
口の付けたフードやドリンクなどを処理しないといけないので、
手袋とマスクは常に着用するように義務付けされています。
それと手洗いうがいはそれぞれ各自入念に行うように注意喚起しています。
自分の生活の影響としてはホテルまでは公共交通機関を利用しているので、
マスクは常に着用するように意識しています。
広告関連業:一部在宅勤務 (女性・30代)
静岡県在住で、職業は家族で広告関連の自営業を行っています。
仕事への影響としては、イベントやセミナー系は自粛をしているようですが、
他の制作関連の仕事は影響は出ていません。
今まで通り忙しく働いております。
確定申告の締め切りがのびたので、そこは少し助かったと思っています。
関連顧客の反応も、あまり影響を受けているという話は聞かないです。
むしろ、感染症の話題で疲れてしまったお客様が癒しを求めてご来店されているという話も伺います。
アパレルショップではハンドメイドのマスクの販売を始めたようで、評判のようです。
私自身への生活の影響では、子供の通う小学校が休校となり、ずっと自宅にいるため、
仕事に集中しにくくなっています。
なので、両親の家に預ける時間が増えています。
住宅展示スタッフ:職場出勤 (女性・20代)
宮城県内の住宅展示場でイベントスタッフをしています。
来場者を募るために予定していた大規模なイベントはしばらく中止することになり、
社員の話によると客足は例年より半数近く減っているそうです。
アルバイトスタッフは主に外で仕事をするのですが、
現在は事務や受付カウンターでの対応などしています。
そしてお客様に感染予防のためアルコール消毒を積極的に使っていただくために、
各所に設置や管理をしたり、マスク着用での接客に取り組んでいます。
万が一、アルバイトスタッフや社員に要請反応が出た場合の対応など常に確認していて、
最悪の場合は営業停止も考えているそうです。
そのため4.5月は確実に仕事が減るのを見越して、
アルバイトスタッフの3月のシフトは気持ち多めに入れてもらえているので恵まれた職場だと感じました。
今回は20件のアンケートを集めたので、
同様の記事をもう一記事作成したいと思います。

ブログランキングへのご協力お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事