【スマホ】AndroidスマホとiPhone、両方使ったことのある方の感想

現在のスマホの2大OS、AndroidとIOS。

所謂、Andoidスマホと言われるものと、iPhoneですね。

日本では圧倒的にiPhoneのシェアが高いですが、

だからと言って、Androidスマホが特別に劣っているというわけではありません。

それぞれ特徴があり、使い勝手のいい部分や悪い部分が存在します。

というわけで今回は、AndroidスマホとiPhoneの両方を使ったことのある方にアンケートを実施しました。

聞いてみたポイント

・それぞれ使っていた期間
・最初はどちらを使っていたか
・切り替えをした理由(結局最初のに戻したのであればその理由も)
・それぞれのスマホを使っていた感想(よかった点、悪かった点)
・今後購入するのはどっちにする予定か。

主にこれらの点について聞いてみました。

では、実際のアンケート結果を見ていきましょう。

アンケート結果

幅広い選択肢が持てる:Android派 (女性・30代)
最初はiphone5sを使っており、2年間使用していました。
2回目はAndroidのシャープ01K、3回目はLGライトを使っていました。
最初をiphoneにした理由はあまりスマホのことを知らず、スマホを試しに中古販売店で購入しました。
iphone5sの性能はよかったのですが、iphoneのよくないところは頻繁的にスマホのアップデートがあり、
すぐ重たくなりました。
重くなることが気にいらず次に使ったのはシャープ01Kでした。
シャープの01Kは昔ドコモwithという料金の安いサービスがあり、
今までよりも料金が安いことから惹かれてしまい、購入しました。
しかし2年間使って満足出来なかった理由は充電のところの残量表示が購入してから半年程度で悪くなり、
我慢して使っていました。
ドコモに聞いてもあまり分からず、修理にあまり出したくないため2年使っていました。
ただiphone5sとは違い、頻繁にアップデートがなかったのが救いでした。
3回目はバッテリーとアップデートのことを考えてLGライトにしました。
今使い始めているAndroidです。頻繁にアップデートがないのもいいですが、
充電も1日1回か2日に1回するだけでいいし長持ちします。
LGライトで唯一気に入らないところは性能がありすぎてどこにどの機能があるか完全に把握出来ないところです。
今後購入するのはAndroidと決まっています。
今のiphoneはホームボタンがなくなったため、操作がしづらいところが難点です。
あまり分かりにくいものは使いたくないしアップデートで重くなるのも嫌なため、
海外製などのAndroidなど幅広く視野を考えてAndroidを使いたいです。
カスタマイズ性で優位:Android派 (男性・30代)
最初、iPhoneを2年程度使用していて、次にAndroidに替えてからもう8年以上使っています。
別にiPhoneでも不自由はなかったのですが、Androidの自由度といいますか拡張性に憧れて替える事にしました。
まずAndoridはホームアプリが充実しており、ホーム画面を自分好みに細かくカスタマイズできます。
また、iPhonenはPCに接続した際に規制が多く気軽に写真のバックアップが行えませんでしたが、
Androidは簡単にファイルにアクセスが行え利便性がアップしました。
iPhoneの利点はiTunesが使える点でしたが、これはAndroidに変えても別に不自由に感じることはなかったです。
ケースやカバーなど周辺機器の充実さはiPhoneに大きく劣りますが、
ソフトウェア的な面を考えると今後もAndroidを使用していきたいと思います。
操作に慣れたので:iPhone派 (女性・40代)
ガラケーとiPod touchを利用からのAndroid、iPhoneの順で所有しているものです。
スマホとしてはAndroidが最初です。
端末料金が安いことで1代目はAndroidにしました。
当時発売されていたものとしてiPhoneよりも画面が大きなことも購入の決め手にはなりましたが、
操作がどうしても慣れなく使い勝手の悪さを感じてしまいました。
iPod touchで慣れてしまったため、半年もしない間にiPhoneSEという当時は最新のiPhoneにしました。
Androidよりも小型ですが、片手で操作でき画面が小さくなったことでの不便さは感じなく、
操作もiPod touchと似ているためすんなりと覚えることができました。
端末の高さは難点ですが買い替えるのにもiPhoneだと思います。
シンプル操作がいい:iPhone派 (女性:30代)
Android3年iPhone5年使っています。
ガラケーからスマホに変えた2012年はiPhoneはまだ今ほどメジャーではなく、
ユーザーも少なかったので、ガラケーがソニーだったこともあり、ソニーのAndroidを使い始めました。
2年ほど問題なく使い、機種変更のタイミングでiPhoneにかえました。
Androidはガラケーからの流れでスマホ初心者でも特に問題なかったです。
デメリットは今考えてもありませんが、iPodを使用するようになり、
相互性を考えてiPhone一択となりました。
iPhoneに変えた直後はかなり苦戦しましたが、
シンプルな操作で使えるので、今は問題ありません。
今後もiPhoneを更新していく予定です
機能面を考えて:Android派 (女性:20代)
iPhoneはもう7年くらい使っていたのですが、あまりにも長いこと使ってきて機種も何度か変えたのに、
そこまで変化を感じることがなかったので思いきってAndroidに変えました。
いま1年たったくらいです。
iPhoneはシンプルなので、初期設定なども特に不要で機種変更をしても使い方が一緒なので、
すぐに使い出すことができるのが魅力ではありましたが、
SDカードも入らないしだんだんと高額になっていったのでやめました。
Androidは使い方になれるまでは大変ですが、TVが見れたりお財布携帯ができたりとメリットは多いです。
ケースがあまりないのが嫌ではありますが、安いし機能面を考えると今後もAndroidかなと思います。
Androidがすぐ壊れたから:iPhone派 (女性:20代)
Androidを2年使っていました。使い始めてから1年経った時、
ケータイの充電が出来なくなり充電できても使ってから10分で画面が点かなくなりました。
サポートセンターに電話しましたが適切な対応を取ってもらなかったので買い換える事にしました。
iPhoneの方が性能もよく壊れないと姉に言われたのでiPhoneに切り替えました。
使い始めてから4年経ちますが何の不具合も有りません。
これからずっとiPhoneを使う予定です。
Androidの良いところは機種代がiPhoneより安いという所だけです。
iPhoneの良いところは壊れない、使える機能が沢山ある、スマホケースの種類がたくさんある所です。
そして指紋認証やフェイスID機能等のセキュリティがしっかりしている所が良いところです。
スマホケース多い、皆使ってるから相談しやすい:iPhone派 (女性・30代)
Androidスマホはスマホデビューをしてから3年ほど使用していました。
当時Androidは可愛いスマホカバーが少なく、アプリもiPhoneの方が多かったため、
iPhoneに切り替えて、今までずっとiPhoneです。
iPhoneに替えて、Androidは操作がやや複雑で、入っているアプリが多かったなと思います。
iPhoneは感覚で操作することができて慣れるのも早く、とても使いやすいです。
可愛いスマホケースも対応しているものが多くて楽しみが増えました。
iPhoneを使用している人が周囲に多いので、困った時に相談しやすいこともメリットの一つです。
今iPhoneはとても使いやすいと感じているので、今後もiPhoneを使いたいと思っています。
連携便利:iPhone派 (男性:40代) 
スマホデビューはAndroidでした。もう10年近く前のことだと思います。
その頃はiPhoneが自分の中で少し敷居が高い気がしてなんとなく手を出せませんでした。
スマホを持っている人も少なくiPhoneは昔から信者がいたので難しいイメージもありAndroidを選択しました。
Androidのいいところは何でもある程度自由が効くことです。
そして国産機種もありメンテナンスの面でとても良かった点です。
逆にiPhoneはなにかと縛りが多いことに変更してから気づきました。
しかし現在はApple信者になっています。
その大きな理由はシンプルな事と連携が色々便利という点です。
なので今後もiPhoneを購入することになると思います。
使いやすさと慣れ:iPhone派 (女性・30代)
初めてのスマホはAndroid(GALAXY)でした。それから4年ほどAndroidを使用していましたが、
iPhoneに替えて、それから3年ほどiPhoneを使用しています。
スマホのケースの豊富さに憧れてiPhoneに替えたのがきっかけでした。
ですが今となっては隣の芝は青く見えるということでしょうか。
Android用のケースの方が魅力的に感じています。
ガラケー使用時期には基本的にデータをすべてSDカードに保存しており、
Androidも対応していたので何の問題も有りませんでしたが、
iPhoneに変えてからは端末もしくはクラウドに保存する必要がある点は不便に感じました。
海外旅行に行った際、充電ケーブルを気にせず使用できたことで、
iPhoneは世界共通で使いやすいのだなと思いました。
Appleストアの対応が酷い&遠い:Android派 (男性・40代)
以前は、ソフトバンクのiphoneを使用していました。
はじめは、特に支障なく使っていたのですが、急に、アップルストアを乗っ取られてしましました。
誰かわからない人に色々な音楽を買われてしまいました。
そこで、アップルストアに問い合わせをしたのですが、なかなかつながらず、
営業終了でつながらなくなってしましました。
翌日も電話して、1時間ぐらいかけてやっとつながりました。
その際に、iphoneをそうさするので、iphone以外の電話でかけてくれと言われ、
また電話かけなおしましたが、また1時間ぐらいかけてやっとつながりました。
やっと本題に入ると、乗っ取られていないといわれ、前日よりまた音楽を買われてしましました。
とりあえず、アップルストアを使えないようにしてもらい、
正常にしたので、ショップにiphoneを持ってこいと言われました。
ショップは大きな町しかないので、新幹線にのっていかなければなりませんでした。
なんて、ヒドイシステムだと感じ、Androidに買い換えました。
以降、何も支障がなく、何かあると近所のショップに相談できるので便利になりました。
また、乗っ取られるようなセキュリティの脆弱さはなくなりました。

まとめ

切り替えの理由は故障、価格、スマホのケースなどが目立ちますね。
たかがケース、されどケースということで、
iPhoneのケースの選択肢の多さはかなりの強みですね。
あとは、シンプルな操作性とAppleの連携機能、
使用ユーザーが多いので、相談がしやすいこともメリットですね。
おサイフケータイが使えるようになったことや、防水機能も最近のモデルではついているので、
機能面でのAndroidとの差も少なくなってきているように思えます。
ただ、価格面やSDカードスロットの無い事、ホームボタンの廃止には不満の声があるようです。
Androidの方は価格面、機能性を推してる人が多いですね。
機能面というのは便利機能の多さというより、
「カスタマイズ性」という部分が大きいのかなと思います。
また、何よりの強みは「価格と機能」のバランスを考えて購入検討ができる面ですね。
性能を抑えた格安のものから、高性能な高級機種まで、
需要に合わせた機種が各社から販売しているのはポイントが高いと思います。
ただしその反面、ユーザーがメーカー毎に分散されてしまうため、
困ったときの情報集めに苦労するかもしれません。
とまあ、こんな感じでしょうか?
今後AndoidとiPhoneの切り替えを検討される方の参考に少しでもなれば幸いです。
というわけで今回は、「AndroidとiPhoneどっちも使ってみた感想」、でした。
ブログランキングへのご協力お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事